生きるということ

私が欠かさず見るテレビ番組は、それほどないのですが、ひとつが以前紹介した「チャングムの誓い」。そしてもうひとつが、「オーラの泉」です。

美輪明宏氏、江原啓之氏という強烈な二人を、ひとつの鍋に上手く入れてしまうのが国分太一氏。この3人のバランスがとても良いので、見ていて全然嫌味がなく、気持ちのいい番組です。

丸山弁護士が出た回がとても良くて、「生きるということの目的」みたいな話になったんです。丸山氏、美輪氏、江原氏それぞれがとても素晴らしい発言をされて、その言葉の一つ一つが心に響きました。

丸山氏は「生きる目的はないが、目的を探すことが生きること」と言われ、江原氏・美輪氏は「生きる価値がないと言う人がいるが、これまで生きてきたことが才能だし、素晴らしい価値」だと言われました。

国分氏が「いい番組だー」と口にしましたが、本当にそう思いました。

生きるということは、生きていることそのことに価値があり、またそれを全うすることが生きることだと思います。だけど、私はもっともっとモノがわかっていない頃、それを全うすることを放棄しようと考えたことがありました。もしかしたら、今そう思っている方もいらっしゃるかもしれません。でも、生きることは辛いけど、楽しいことが必ずあるし、全うして初めて得られる価値と喜びがあると信じています。

今は生きていて良かったと心から思います。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャングムの誓い

冬のソナタなどが流行っている頃は、意地でも「韓流」ドラマなんて見ない!と、思っていたのですが(実はこっそり見てたけど)、最近NHKで放送している「チャングムの誓い」にハマっています。

宮廷女官チャングムの誓い DVD-BOX I DVD 宮廷女官チャングムの誓い DVD-BOX I

販売元:バップ
発売日:2005/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

←これこれ。すごいたくさんDVDが出ていて驚いた!

で、このドラマの何が面白いって、チャングムが宮廷女官として料理を作っている頃は、料理を作る手順や仕込みの手の凝り様が面白かったんです(全然味が想像できないけど…)。

そして今は「医女」として勉強を始めて、先週の終わりに宮廷で働くことになったのですが、その勉強量の多さや仕事の難しさにひたすら挑戦する姿がいい。

なんか、チャングム(主人公)はいっつもがんばってて、手を抜かないんですよね~。前も行列のできるラーメン屋の主人のことを書きましたが、「手を抜かない」ってことは、とても大変だけどやっぱり大事。それはすぐにわかる人にはわかっちゃいますからね。。

そんなことをチャングムを見ながらいつも自分を戒めています。

でも、そんな教訓めいたことはさておき、ドラマの内容も相当面白いです。いじめられたり、復讐したり、のお決まりの韓流パターン。見たことのない人は、DVDを見てみて下さい。ハマります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)