アクティブに癒す

心と体の健康が大事。ってよく言いますが、私はここ数年これに「魂」の健康も大事だといっています。

と、言っても私が思いついたことではなく、アメリカのWHO(世界保健機構)が、言っていることをそのまま使っているんですけどねhappy01

でも、魂ってなに? スピリッツとかスピリチュアルとか言うけど、なに?

何なんでしょうね?私も良くわかりません。

でも、間違いなく心と体以外にも、私を司る構成要素があるのはわかりますshine

心より体よりにあるような…外側のような…sign04 

これがあるから私は、がんばることもできるし、生きることが楽しいと思うのではないかと思ってます。そうそう、言い換えると私の本質ってことかしら。

この部分をキラキラさせたり、パンパンにはじけるほど栄養を与えると、私自身が元気になります。

だから私は、もしかしたらこのために生きているのかもconfident

| | トラックバック (0)

ボディケアコース始めます♪

ボディケアコース

と言っても、サロンのメニューじゃありません。

スクールに新たにラインナップする講習です。

全6回で、ボディケアを隈なくやっちゃいましょう。というお徳且つ簡単なコースです。

レッスン1「肩こり、腰痛、筋肉痛ケア」トリートメントジェル

レッスン2「冷え緩和」トリートメントオイル

レッスン3「不眠、不安解消」トリートメントクリーム

レッスン4「ダイエット」トリートメントクリーム

レッスン5「むくみ、セルライト」トリートメントジェル

レッスン6「スキンシップのためのトリートメントオイル」

すごいでしょ~♪これ、全部やったら身体は元気に、ピカピカになりそうですよね。

レッスン6だけが、ちょっと異色な感じがしますが…実は、これkが一番大事。トリートメントって言うのは、スキンシップなわけですよ。そのスキンシップというのが、身体と心にどんなことを起こしているのか、そしてそれによって私たち人間は、どれだけ健康になれるのか。ってことを知ってもらいたいと思います。

トリートメント…面倒くさい(>_<)なんて思わずに、ぜひ一度トライしてみてください。全然変りますから!

薬やサプリより、よっぽど楽だと思うんですけど…。

このレッスンでは、面倒にならない、続けられるトリートメント方法も合わせてお教えします。お楽しみに~♪

詳しくはhttp://www.vert-mer.com/

|

気持ち良ければそれでヨシ!

ちょっと前から、ボディトリートメントの師匠から「操体法」関連の本をチョコチョコと借りていて、これに結構ハマってます(^^♪

操体法って、あんまり聞かないと思います。体操じゃないですよ。

橋本敬三先生というお医者さんが、提唱した身体の歪みを治して、健康になるという方法です。そのあたりは、もう一つのブログで書いているので、参照してください。http://plaza.rakuten.co.jp/vertmer/diary/20070626/

身体の歪み…。意外と気付いていないけど、大体誰にでも多かれ少なかれ歪みがあります。その歪みの代償として、肩こり・腰痛・頭痛・腱鞘炎などなど身体に何らかのサインが出ます。でもこういうサインに対して、普通の人なら、肩こりなら肩を揉み解して、腰痛なら腰にシップを貼って…って、痛いところに対して、処置をしますよね。

でも、操体法は違うんです。全身の歪みを見つけて、それをほぐすだけ。しかも、考え方は「痛い箇所から逃げる」という、痛い指圧大好きな人からすると驚きの理論!

痛くないように、痛くないように身体を動かすんです。腰が痛ければ、痛くない方にだけ動かす。痛い動きを見つけたら、すぐさまその痛みを感じない方法を見つける…。

簡単なようでいて、意外と難しいんですよ。これって、ものすごく自分の身体を意識しなければできないんです。痛い所を見つけるのは簡単。でも、それから逃げる方法は、自分の身体に聞きながら、こっち?こっち?って感じで、少しずつ感じるしかないのです。もっと言うと人に教わることができないんですよ~。

身体の声を聞く」って、よく書いてあります。結局健康であるためには、これが一番大事。操体法に限らず、アロマテラピーでもそう思います。どんなに色んな精油を使っても、自分の身体の状態や心の状態を知らなければ、合わない精油を使ってるかもしれないんです。

身体の声を聞くために大事なことは、「欲張らない」「頑張らない」「威張らない」です。この3つ(欲張る、頑張る、威張る)をかなえようと思うと、どうしても自分の能力以上に無理をしてしまいます。そうすると大事な自分の中の声を無視することが多くなります。

自分の名誉やプライドよりも大事なもの。それは、やはり健康です。自分が本当に気持ちが良いことって、なんだろう。って、考えてみてください。そして、それを実践してください。でも、これも何度も繰り返すと辛くなるので、気持ち良いところで止めます。

人間って、気持ち良く生きていれば、健康でいられるようにできてるんです♪

| | トラックバック (1)

夏風邪

なんだか相変わらず変な天気が続きますね~(>_<)

私の周りには、夏風邪をひいている人が多いようです。しかも、なかなか治らない上に、どか~んと熱が出る人が多いようです。

かく言う私も、この1週間くらい毎朝喉が痛い(>_<)・・・ 寝る前には、ジェルにユーカリ・グロブルスとラベンサラを溶かして、喉に塗ってるんですけどね。悪化はしないものの、全然治る気配がありません。

でも、風邪ってどうしてひくんでしょうね?

免疫能が落ちている時に、風邪をひきやすい環境にいたから…。ってことなんでしょうが、そんな西洋医学的なことじゃなくて、もっと身体主義で考えた場合、何かのメッセージなんじゃないかと思うんですよ。

つまり もうそろそろ休みなさい。 とか このままこの生活を続けると大変なことになるよ。 とか。。

そうなる前に、風邪のような「休息と栄養」で治るような病気で、体調をリセットさせようという身体の内なるメッセージではないかと思ったりするのです。だから、風邪をひいたら無理をせず、できるだけ薬も飲まず、たっぷりの睡眠と栄養を摂って、これまでの生活を改める。ってことが大事なんじゃないかと思います。

とは言え、働いていると、本能の命ずるままに生きることは難しい…。それが、ますます色んな病気を呼ぶんだろうなぁ。

そして病気の根本的なメッセージは もっと自分を愛しなさい。慈しみなさい。 だと信じています。病気にかかった時は、まず自分に「今まで放っておいてごめんなさい」と謝りましょうね。それが大事。

私も自分にあやまっとこ(>_<) 今まで無理させてごめんなさい。

| | トラックバック (0)

セルフケア

よく「医者の不養生」と、医者がヒトの病気ばかり治して、自分のことをおろそかにすることを言いますが、私たちセラピストも意外と、自分のことをおざなりにしてしまうようです。

医者と並べるのは、たいそう不遜ですが、私たちの仕事は、健康管理・健康維持をアドバイスするという点で、同じところもあります。

お客様には必ず、生活習慣や嗜好をお聞きして、『より良い生活と豊かな人生を』ということで、できるだけ健康に生活できるようなアドバイスをさせていただいています。

でも、そんなことを言いながら、私たちの仕事は、とても不規則で、昼食が食べられなかったり、夕食が11時過ぎるなんて事はしょっちゅうです(>_<)。そして、睡眠も深夜2時過ぎから午前8時まで…みたいな、とっても不健康な時間帯。

わかっちゃいるけど…。

って、誰かに言い訳しても仕方なくて、こういうことを続けていると、必ず身体を壊します。そして困るのは自分自身です!

1年こんな生活を続けて、そういったことを痛感しました。幸い1年間、病気も怪我もせず過ごすことができましたが、ちょっと体調が悪いな。とか、生活のリズムが崩れているな。と、思ったらすぐにケアしないといけないですね(>_<)

一番いいのは、プロにお任せすること。例えば、アロマセラピーを受けるとか、整体に行くとか、スポーツジムに行って指導してもらうとか…。それが一番、手っ取り早いし、安心だと思います。でも、そんな時間がないときは、セルフケアですよね。

でも、このセルフケア、って意外と面倒くさい(>_<)。皆さんどうしてるんですか?セルフケアの方法を、教えてもらいたいです。

私は、先日初めて自分に「クリームバス」をしてみましたが、確かに気持ちいいけど…やっぱり自分でやるから、リラックスはできないですよね~。アロマトリートメントもそうですよね。フェイシャルは、割と満足度高くできますが、脚とか腕は…。やっぱり他人にやってもらいたい。背中なんか、一番ほぐしたい場所ですが、自分ではできないですよね。

そう考えると、一番良いセルフケアは、美味しいものを食べて、沢山寝る。そしてよく笑う。そういうことなのかもしれないなぁ。と、思います。

| | トラックバック (0)

さすがの精油パワー

4月3日は、セラピスト仲間が企画主催した「The鹿鳴館パーティ」という、交流パーティが六本木のクラブを貸し切って行われました。

その模様は、こちらのブログでhttp://plaza.rakuten.co.jp/vertmer/diary/200704040000/ご確認ください。

皆さんのご尽力のおかげで、大盛況でした。そして私は、ず~っと誰かとしゃべり続け、終始楽しい気分だったのですが…、そこはクラブ…。ずっと音楽が鳴り続け、気が付けばず~っと「叫び続け」ているに近い状態で、しゃべり続けていました(>_<)

12時を回った頃に、私はクラブを出たのですが、なんだか喉が…(>_<)、急に寒くなった気候の所為もあるかもしれませんが、喉の奥が充血している感じ。ヤバイ。。

喉って、粘膜が炎症を起こすと、そこから菌やウィルスが入りやすくなるので、軽く見ているとすぐに風邪を引いてしまいます。身体が資本のアロマセラピスト、絶対風邪は引けません(@_@;) 

お洒落して薄着なんかしちゃってるから、風邪ウィルスは喜んで入ってきそうです!ヤバイ。

帰り道は、とにかく鼻呼吸のみで帰り、喉は守りながら…、そして家に着いたら、即ジェル基材ラベンサラとユーカリ・ラディアタとローズマリー・シネオールを、約20%くらいに希釈して、喉に塗りましたヽ(^o^)丿

おぉぉ~。みるみる間に喉の痛みが、収まりました。さっきまで、ずっと喉の奥で出たがっていた咳が、すっと引っ込みました。この早さ!恐るべしだわ。と、大満足!

やっぱり精油は、この即効性がいいんですよね~。って、そういうこと言っちゃいけないんだけど、自分でブレンドして自分に使って、自分でそう思う分にはいいですよね?

ホント助かっちゃいました。翌朝には、喉はすっかり良くなっていました(^^♪

| | トラックバック (0)

久しぶりの更新

随分ご無沙汰していました。すみません(>_<)。 なんだか、最近お客様の入りがよくて、まとまった時間がとれませんでした。今日はたまたまキャンセルが出たので…(>_<) どうなんだ?!ソレ。

今朝は、久しぶりに私のバリニーズの恩師である鎌田千華先生の「ソワンドテージャス」へ、行きました。

先生が教えているトラディショナルバリニーズの、練習モデルとして…。バリニーズを受けられるので、とっても楽しいお仕事なのですが、受講生さんに感想を言ったり、ちょっとした手技の違いなどを指摘したりするので、うっかり寝てしまえないんです(>_<)。ある意味拷問です…。

でも、今日もたっぷりバリニーズを受けることができたし、やっぱりバリニーズっていいわぁ(^^♪と、思います。最近私のお店でも、人気が定着してきて、根強いファンの方もいらっしゃいます。

私自身は、バリニーズを受けると、あっという間に代謝が上がり、トイレに何度も行くことになるので、相当老廃物が出てるだろうな~。と、思います。バリに行った時も、バリのスパやサロンで何度途中でトイレに行ったことか…(>_<) 

そして、使う精油がインドネシアだけあって『サンダルウッド』や『イランイラン』など、重めの精油を使うので、精神的に影響を受けます。どういう影響を受けるかというのは、人それぞれですが、リフレッシュとかリラックス、とは違った類の…誤解を恐れず言うなら「トランス」のような感覚です。だからかどうかわかりませんが、バリニーズを受けた後の飲酒は非常に危険です。大の男がビール二杯酔っ払いましたから(^^ゞ

勿論好みはあるかと思いますが、今世界的にアジアントリートメントブームで、バリニーズもにわかに注目を浴び始めています。皆さんも機会があれば、ぜひ体験してみてください。新しい自分を発見できるかもしれませんよ~♪

Photo_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロマセラピーの功績

心理学を勉強したくて、大学では「行動療法」というゼミを取っていました。ゼミの中では、不良学生だったかもしれませんが、私は私なりにかなり思い入れを持って、卒論のテーマを見つけ、一生懸命実験をしました。正直言って、卒論は我ながらイマイチな結果で、もう少し突き詰めたいと思いました。それでも、4年間の大学で心理学を学べたことを、今でも誇りに思っています。

大学で心理学を学び、いつかは、社会の健康のために働きたいと思っていました。そんな思いで、カウンセラーをしていました。その時は、クライアントさんの話を聴き、空気を共有することが精一杯で、いつも自分の力不足を感じていました。クライアントさんは、もっと求めてるんじゃないか?私は、何ができるんだ?って、いつも思っていました。

そこで出会った「アロマセラピー」です。

もしかしたら、アロマセラピーというツールが、私のこのジレンマを解決してくれるかもしれない。と、この世界に入りました。

でも、アロマセラピーは万能ではありません。クライアントさんの求めるものには、まだまだ足りないかもしれません。でも、あの頃の私より少し幅と奥行きができた気がします。ほんの少し、余裕もできました。

精油が私とクライアントさんを、以前より少し近付けてくれる気がします。それで私が、落ち着いてクライアントさんに向かい合うことが、クライアントさんの安心になるのなら、それはアロマセラピーの1つの功績です。

私は、アロマセラピストという仕事を選んだ時、「人を癒す」というより「社会を癒す」ということを考えていたような気がします。

いつも何かを我慢して、空を見上げることすら辛い、という人がいる世の中は、科学が発展して便利になったとしても、それは何かが間違っている社会で、誰もが「空を見上げれば気持ちが晴れる。」と、言える社会を作りたいと、ずっと願っています。

とは言え、私にできることは、そんな大それたことではなく、毎日私のお店に来てくださるクライアントさんのお話を聴き、疲れた身体を休めることです。でも、その小さな一つ一つが、いつか皆さんの心の棘(トゲ)を取って、誰かの為に思いやれる心ができるんじゃないかな。と、信じています。

社会って、心のつながりですからね。誰かのものを奪うことばかり考える心より、与えることを考えられる心がつながった方が、豊かな気がしませんか?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

寒いからって丸くなってませんか?

寒いと、ついつい背を丸めて腕を縮めて歩いてしまいがち…。私も同じです。でも、その姿勢って、とても美しいとは言えませんよね。寒い日でも、コートを羽織って、ピンといい姿勢で颯爽と歩く女性は美しく見えます。

では、”いい姿勢”って、どんな姿勢を言うのでしょう。

皆さん、ご自分の姿勢をチェックしてみましょう!

まず、壁に後頭部とかかとをつけて自然に立ちます。

後頭部をつけようと思うと、あごが上がってしまう。あるいは、あごを引いてしまう。と感じた人。→背中が丸まりすぎてます。下腹ポッコリ、バストが下がり気味。なんてことはないですか?

肩が壁から離れてしまうという人。→同じく、背中が丸まりすぎです。腰痛に悩まされていませんか?

腰と壁の間に手を入れてみましょう。手のひらをいれることができないくらい、ぴったりくっついている人。→一見いい姿勢のようですが、腰の自然なS字カーブがないため、脚が疲れやすかったり、しびれたりしませんか?   

片方の手のひらがちょうど入る。という人は、いい姿勢を保てていると言えます。

でも、片方の手のひらだけでは、隙間が埋まらず両手を入れなければならないという人。→重心が前にあるために、下腹ポッコリ、お尻が垂れ気味、なんてことはないですか?

壁に身体をつけるだけで、ご自分の姿勢をチェックすることができます。できるだけいい姿勢に近づけるように、時々チェックすることをおススメします。姿勢さえ良くなれば、下腹ポッコリも解消され、バストアップ、ヒップアップだって夢ではありません。

既に筋肉や骨格が、楽な姿勢に慣れてしまって、なかなか矯正するのは難しいですが、正しい場所に、筋肉を促す(マッサージやトリートメント)だけで、矯正の手助けになりますよ。

アロマトリートメントは、リラックスだけでなく、そんな副次的な作用もあるのです。今度は、その辺りを意識して、お受けになってみてください。もちろん治療ではないので、「え~、コレが私~!?」って言うほどの衝撃はありませんが、「あ、ちょっと楽かも」と思える程度の変化は感じられると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ボディメイク

身体は変われますから」 これが、私が今師事している先生の口癖。

只今トリートメントについて、人間の骨格や筋肉などから理論的かつ実践的に勉強中。アロマトリートメントは、リラクゼーション重視なので、ボディメイクはおまけ的なもの。

ところが、今勉強していることは、まさに「ボディメイク」。別にボディメイクをするつもりで、トリートメントをしているわけではないのですが、クライアントの身体が望む場所、気持ちの良い場所をトリートメントしているうちに、身体が理想的な形になってくるんです!!

私は30分のトリートメントで、O脚がまっすぐに!(これ、写真を撮ればよかったと後悔しています。)O脚を治そうと思ったわけではなく、私の脚が『太ももの外側と膝下の内側を緩めてくれ~』と、訴えていたので、そこをひたすら緩めただけ。そうしたら、O脚がまっすぐになったというだけ。

で、先生の「身体は変われるんです」の言葉です。

肩こりや腰痛だって、諦めないで、それによって疲れた筋肉をほぐすだけで、おや~?って思うほど、楽になります。ただ、ほぐす場所は人によって違います。それが人の身体の個性ですからね。

そこには色んな理屈や理論があるんですが、それを知れば知るほど人間の身体は面白いと思います。

身体は変われるんです。を信じて日々精進です。

下北沢ならシモキタナビ

| | コメント (0) | トラックバック (2)