« お久しぶりです(^^ゞ | トップページ | 念願の月桃 »

気持ち良ければそれでヨシ!

ちょっと前から、ボディトリートメントの師匠から「操体法」関連の本をチョコチョコと借りていて、これに結構ハマってます(^^♪

操体法って、あんまり聞かないと思います。体操じゃないですよ。

橋本敬三先生というお医者さんが、提唱した身体の歪みを治して、健康になるという方法です。そのあたりは、もう一つのブログで書いているので、参照してください。http://plaza.rakuten.co.jp/vertmer/diary/20070626/

身体の歪み…。意外と気付いていないけど、大体誰にでも多かれ少なかれ歪みがあります。その歪みの代償として、肩こり・腰痛・頭痛・腱鞘炎などなど身体に何らかのサインが出ます。でもこういうサインに対して、普通の人なら、肩こりなら肩を揉み解して、腰痛なら腰にシップを貼って…って、痛いところに対して、処置をしますよね。

でも、操体法は違うんです。全身の歪みを見つけて、それをほぐすだけ。しかも、考え方は「痛い箇所から逃げる」という、痛い指圧大好きな人からすると驚きの理論!

痛くないように、痛くないように身体を動かすんです。腰が痛ければ、痛くない方にだけ動かす。痛い動きを見つけたら、すぐさまその痛みを感じない方法を見つける…。

簡単なようでいて、意外と難しいんですよ。これって、ものすごく自分の身体を意識しなければできないんです。痛い所を見つけるのは簡単。でも、それから逃げる方法は、自分の身体に聞きながら、こっち?こっち?って感じで、少しずつ感じるしかないのです。もっと言うと人に教わることができないんですよ~。

身体の声を聞く」って、よく書いてあります。結局健康であるためには、これが一番大事。操体法に限らず、アロマテラピーでもそう思います。どんなに色んな精油を使っても、自分の身体の状態や心の状態を知らなければ、合わない精油を使ってるかもしれないんです。

身体の声を聞くために大事なことは、「欲張らない」「頑張らない」「威張らない」です。この3つ(欲張る、頑張る、威張る)をかなえようと思うと、どうしても自分の能力以上に無理をしてしまいます。そうすると大事な自分の中の声を無視することが多くなります。

自分の名誉やプライドよりも大事なもの。それは、やはり健康です。自分が本当に気持ちが良いことって、なんだろう。って、考えてみてください。そして、それを実践してください。でも、これも何度も繰り返すと辛くなるので、気持ち良いところで止めます。

人間って、気持ち良く生きていれば、健康でいられるようにできてるんです♪

|

« お久しぶりです(^^ゞ | トップページ | 念願の月桃 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気持ち良ければそれでヨシ!:

» アロマテラピーの資格 [アロマテラピーの資格をとるには]
最近は、アロマを趣味としてだけでなく、プロとして活躍したいと思っている人が増えてきたように感じます。 [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 16時01分

« お久しぶりです(^^ゞ | トップページ | 念願の月桃 »