« 夏風邪 | トップページ | お久しぶりです(^^ゞ »

終の棲家

先日サロンまでの道のりで、ヤモリが干からびて死んでいるのを見つけました。翌日も同じ場所に、そのヤモリは残されていました。

それを見たとき「かわいそうに」と、思ったのです。なぜ、そう思ったかというと、「ここでこんな風に死んだことを誰にも知られず、誰にも気にも留めてもらえないなんて…」と、考えたからです。

でも…、よく考えたらこれこそ不自然。人間以外の動物は、自分が死んだ後、誰かに葬ってもらったり、誰かを悲しませることはしないのです。

そう思ったら、私もそういう死に方をしたいと、思い始めたのです。

いつか山奥に一人で暮らし、自分で生きて行く分だけの食糧を作り、日々自然に近づくことを目的に生活をし、いつの間にか土に返る。

そして、都会に住む私の親族や友人は、私の死も知らず「Ayaは、最近どうしているかな?きっと山で楽しく暮らしているよね」って、いつまでも悲しまずに済みます。

先日行った占いで「終の棲家は、貴女の望むところに住めます」と言われました。

ということは、山奥で暮らしたい。という私の望みは叶うかもしれません。

|

« 夏風邪 | トップページ | お久しぶりです(^^ゞ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終の棲家:

« 夏風邪 | トップページ | お久しぶりです(^^ゞ »