« お金のこと | トップページ | 最後の授業 »

トリートメント事情

初めてアロマトリートメントを受けたのが、軽井沢のリゾートホテルでした。確か…10年位前のことです。私自身もまだ若かったし、それほど不調を感じていたわけではないので、劇的な変化などは感じませんでした。ただ、あの柔らかくいい香りの広がる空間で、いわゆるマッサージとはまるで違う優しいオイルトリートメントに陶酔しました。

しかし、最近感じるのは、アロマトリートメントの圧力が強くなっている?ということ。あの頃のフェザータッチ…とまでは行きませんが、優しくリンパを流すようなトリートメントと比べると、かなり筋やツボなどを強く押すようなトリートメントになってきている気がします。おそらくトリートメントを受ける方が、優しすぎて物足りなさを訴えるからでしょう。

その点で、バリニーズやスウェディッシュは、筋やツボを強く刺激するトリートメントなので、わかりやすく結果が出るし、受ける方も満足度が高いようです。私のサロンでも大変な人気メニューです。

アロマトリートメントとバリニーズ、トリートメント手技にだんだん差がなくなってきている気がします。お互いの「良いとこ取り」という結果なんでしょうね。

だけど、私はアロマトリートメントの優しいタッチも残していきたいな。と、日々感じています。だって、アロマトリートメントは精油を身体に吸収させることが一義的な目的だし、タッチセラピーによるリラクゼーションが二義的な目的です。そういった意味で、精油のパワーさえあれば、トリートメントは完結しているはずなんですよね。。でも、この考え方は、世の中の流れから外れてるのかな~? 

人気blogランキングへBanner_04 ←ブログ面白かったら一つ押してください♪

|

« お金のこと | トップページ | 最後の授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリートメント事情:

« お金のこと | トップページ | 最後の授業 »