« アロマセラピーは贅沢? | トップページ | ”癒し”と言う言葉 »

リレーフォーライフジャパン2006

リレーフォーライフジャパン2006が大成功のうちに9月2日(土)に終了しました。

スタッフの中にはがん患者さんもいらっしゃいますし、準備をされた皆さんとても大変だったと思います。この成功を心からお喜び申し上げます。

私たちのバンド(J-BAND)の「命のリレー~まだ見ぬ明日へ~」は、思いもしなかった感動物語を生んでいたり、トラックを歩きながら歌ってくれるチームがあったり、そしてフィナーレでは参加者全員で大合唱をしてもらい、楽曲としてそれなりにお役に立てたかな?と、思っています。

リレーフォーライフは、約8時間各チームでメンバーがバトンを渡しながらトラックを歩き続け、癌と闘い続けることを決意するイベントです。それだけ聞くと、とても力強いイベントなのですが、参加者みんなが無理をせず、等身大でいたことがとても良かったと思います。無理をすれば、どんなことも破綻をきたします。疲れれば休み、誰かが代わってあげればいいんです。

そして闘っているのは「自分ひとりではない」ということを、感じたり、伝えたりすることができればいいのではないかと思います。そういった意味でも、大成功でした。

イベントの最後のキャンドルルミナリエは幻想的でした。そしてそのキャンドルの一つ一つに書き記されたメッセージに感動しながら歩きました。

Photo_1 大事なことはこのイベントを続けることです。ただ1回の打ち上げ花火的に終わらせていては、意味がありません。癌は私たちのすぐ隣にある病気です。一人一人がきちんと考え、こういったイベントを通して癌と言う病気を正面から捉えられる時代を作らなければ…と、思いました。

|

« アロマセラピーは贅沢? | トップページ | ”癒し”と言う言葉 »

コメント

私が最近ハマっていることがありまして。
心理セラピーカードを使って、自分の過去を洗い出し、また今の心の毒素やウミを出すようなことをしております(笑)。

結構しんどかったりします。
でもこれから前に進んでいくために、そして、少しでも人や世の中に対して何か有益な自分になっていくために、
と思って取り組んでいます。

でも、これって、そもそもそういうチャンスが与えられているからできるんだ、って
気づかされました。

生きているからできるんだ。って。
今、ここにすべてがあって、自分で自分を変えられる。そのための時間が与えられているんだ、って。

生きていること自体、なんだかすごいぞ!
生きていることが当たり前じゃないんですね!

投稿: 吉田 千恵 | 2006年9月 4日 (月) 14時34分

吉田千恵さま
コメントありがとうございます。
そうですね!生きていること自体が、何かをするチャンスなんですね。
そのチャンスは最大限に生かして行きたいですね。お互い!

投稿: Aya | 2006年9月 4日 (月) 14時40分

Ayaさん、なぶん4月にはお会いしているのですがご挨拶できてなくてすみません。
リンク・トラバさせていただきました。

投稿: 葉っぱ | 2006年9月 6日 (水) 13時23分

初コメントにて誤字が...「なぶん」じゃなくて「多分」です。 重ね重ね失礼しました。

投稿: 葉っぱ | 2006年9月 6日 (水) 16時58分

トラバありがとうございます。
当日お会いできなかったのは残念ですが、こういったことは、気持ちの問題ですから、気持ちが参加してくれていれば充分ですよ(^^♪。
来年は会いましょうね。

投稿: Aya | 2006年9月 7日 (木) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リレーフォーライフジャパン2006:

» RFL Japan 2006 レポート リンク集 [葉っぱメモ]
***日がたつにつれ記事が増えてきてるので、コメントなしの追加更新中---リンク・トラバ先のみなさん、お許しを〜!*** 「えぇー、行ってないわけ?!」との声もいただいておりますが、葉っぱはつくばには行っておりません...語れば長くなります...が、私なりの形で参加しているつもりです。 勝手ながら、まいど他力本願のレポート(参加された方のブログ等リンク集)です。 随時更新します。 【報道】 ◇中国新聞オンライン記事9月2日「がん患者らが歩いて交流 リレー・フォー・ライフ」 ---「癌で... [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水) 13時21分

« アロマセラピーは贅沢? | トップページ | ”癒し”と言う言葉 »