« 紺屋の白袴 | トップページ | 下北沢でアロマセラピー »

カラオケとアロマセラピー

ここ数日、自分にのしかかる物が、自分より大きすぎてちょっと疲れていました。それは目に見えないストレスという形で、私の身体の中に巣食っていたようです。

その「のしかかり物」(こんな言い方しない?)がなんとか外れて解放された瞬間に、胃を壊してしまい、何かを口にすると胃がどよ~んと重くなり、なんとな~く吐き気が…。という状態が続いていました。

こんな仕事をしているので、こういう状態はエッセンシャルオイルで回避。と、考え、バジルやペパーミントなど健胃作用や吐き気止めのオイルをせっせと使っていました。その瞬間は楽になるのですが、なぜか心のどこかにモヤモヤが…。その原因がわかりません。「のしかかり物」がなくなったから、ストレスの原因となるストレッサーは消えたはずなのに…。

夜も寝つきが悪く、眠りも浅い。暑いことだけが理由じゃないみたい。マンダリンやラペンサラ、ついでに大好きなパチュリまで芳香浴に使って眠りに就いていました。

そんな身体のまま、昨日カラオケに約1年ぶりに行ったのです。何曲歌ったかわかりません ^^;!そして夜、帰宅してから気づいたのです。

胃が重たくない。吐き気もしない。モヤモヤもない気がする。!(^^)!

私のストレスは、数日前の「のしかかり物」だけでなく、開業前の準備段階から昨日までの小さな疲労や心労が少しずつ溜まってできていたようです。そしてとても久しぶりに、芯から遊んで大声を出したことがストレス解消になったようです。

アロマセラピーはストレスからの解放の一助にはなりますが、結局本当にストレスをなくすには自分の好きなことを心置きなくすることなんだと、改めて感じた夜でした。

一応、アロマセラピーの名誉のために言っておきますが、エッセンシャルオイルの助けがなければ、私は遊びに行く元気もなかったと思います。

|

« 紺屋の白袴 | トップページ | 下北沢でアロマセラピー »

コメント

こんにちは!のしかかり物がとれてよかったですね!自分自身の悲鳴って気づきにくいものですよね!

投稿: kuturogi | 2006年8月 7日 (月) 11時41分

Kuturogiさん
そうなんです。自分がそんな状態だってことすら気づかなかったんです。
今度はそうなる前に、Kuturogiさんのお店に行くことにします。

投稿: 花野香 | 2006年8月 7日 (月) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラオケとアロマセラピー:

« 紺屋の白袴 | トップページ | 下北沢でアロマセラピー »