« こんなことって… | トップページ | カッコいい女 »

想像力

もう語りつくされているかもしれませんが、最近とても不思議な事件が多いです。不思議と言うのはミステリーと言うことではなく、あまりにも稚拙でなんのための犯罪なのかがわからないような事件です。

叱られるのが怖かったから、毎日怒られるから、自分のやりたいことができないから…、そんなことで殺人、しかも自分を一番必要としてくれている家族を殺してしまうなんて。そしてその犯罪手口が稚拙すぎる。犯罪と言う認識がないとしか思えないです。

想像力の欠如を感じます。自分が家に火をつければ、家が燃え、家族が火に巻かれ、家族が死に、自分は犯罪者となる、そして家族は戻らない。という想像ができていなかったのは?この世に自分を必要とする人がいなくなると言う悲しさを想像できなかったのでは?

実は想像力の欠如は、犯罪者に限らないのです。電車の中でもそれを感じます。ドア付近で降車客の邪魔になっていることに気づかずにずっと居座る人。ヘッドホンステレオから大音量で音漏れをさせて平気でいる人。濡れた傘を人の足にペッタリつけている人。それらの行為がどれだけ相手を不快にさせ、迷惑をかけているかという想像力が足りないのだと思います。

「風が吹けば桶屋が儲かる」くらいの想像力は、子供のうちに身に付けておくべきです。そうでなければ、「じゃぁ私は何をすればいいんですか!?」と、まるで全うな権利のように自分の仕事を上司に聞くようなトンデモ大人になってしまいます。

|

« こんなことって… | トップページ | カッコいい女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想像力:

« こんなことって… | トップページ | カッコいい女 »