« はじめてのおつかい | トップページ | 豚がいらっしゃる!? »

上級敬語という敬語

昨日テレビで「上級敬語」という言葉を初めて聞きました。例を挙げると禁煙席で喫煙をしている人に注意する場合、「こちらは禁煙席ですので、禁煙にご協力ください」と、相手の行為や態度を否定せずにこちらの意思を伝えると言う、まさに「上級」の敬語です。

ちなみに先ほどの「ご協力ください」が模範解答だったのですが、ゲスト回答者の江守徹氏の「あちらの喫煙席でお楽しみください」と言う答えは、相手がタバコを楽しむ気持ちまで尊重していて配慮が素敵だと思いました。

この気配りこそ言葉の真髄ですね。言葉とは気持ちの表現以外の何者でもないのです。それはできるだけ相手を不快にせずに、こちらの気持ちを伝えられればこれ以上に理想的なことはないと思います。とても勉強になりました。

しかしその数時間後某番組で、SMAPの中居君が素人ゲストに「どうぞ名前を申し上げてください」と言っていたのでがっかりしました(>_<)。中居君がいかに有名なタレントであろうと、初対面でしかも年上の人に「申し上げろ」とは…。当然この場合は「おっしゃってください」ですね。 

|

« はじめてのおつかい | トップページ | 豚がいらっしゃる!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上級敬語という敬語:

« はじめてのおつかい | トップページ | 豚がいらっしゃる!? »