« 薔薇の香り | トップページ | 見返り美人 »

鶴の恩返し

私は10年以上のOL生活の中で、営業、総務、人事、経理…色んなことを経験してきました。そこで、自分も含めて働く女性の姿を見ていると、「鶴の恩返し」を連想してしまう時があります。自分の羽を1本抜いては、機(はた)を織る…というあの姿です。

ご存知の通り女性は、月の満ち欠けのリズムで体調や精神状態がドラマティックに変わります。それはある秩序の下で動いている社会では、ちょっと面倒なリズムかもしれません。リズムの変化が早すぎるんですね。だからと言って女性のリズムを変えることはできませんので、おのずと『私さえ我慢すれば…』と身を削ってがんばってしまいます。鶴の恩返しの鶴のように「決して見ないでね…」なんて言いながら(>_<)

でも、それは、だめです!!と、最近思うのです。やはり月の満ち欠けに合わせたリズムがあるというのには理由があり、それを無視したり我慢すると体を壊します。それに、そんなにがんばっても会社は面倒見てくれないよ…。結局自分の身体を守るのは、自分以外にいないのです。もっと自分のリズムや健康に敏感になって欲しいと、今の仕事を始めてつくづく思います。女性の皆さんもっと自分を慈しんでください。

|

« 薔薇の香り | トップページ | 見返り美人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴の恩返し:

« 薔薇の香り | トップページ | 見返り美人 »