« 見返り美人 | トップページ | お食事でも… »

いただきます

ずいぶんブログを更新することができませんでした。。久しぶりの更新です。

ここ数日で新幹線を利用することが多く、その案内板やアナウンスで気になったことがありました。それは、「いただく」という言葉です。

26番ホーム「この列車は団体専用車のためご利用いただけません」という表示がありました。違和感がありませんか?実は、最近こういった使い方がとても増えているので、違和感を感じなくなった方も多いかもしれません。でも「いただく」は謙譲語なので、自分の行為をへりくだって言う言葉なんですよね。したがって、この表示をお客様向けに書くならば「ご利用になれません」とすべきです。

改めて色々見てみると、「○○していただく」という言葉は丁寧語のように使われています。「いただく」の主語は「私」ですから、お客様や目上の方に使う場合はよく考えて使ったほうが賢明です。「お声を掛けていただければすぐに参ります」ではなく、「お声を掛けてくだされば…」とした方が、「いただく」と、私中心ではなく相手を立てている感じがして気持ちがいいものです。

言葉を正確に使うということも、美しさの要素だと思った数日でした。

|

« 見返り美人 | トップページ | お食事でも… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いただきます:

« 見返り美人 | トップページ | お食事でも… »