« ヒトは見た目で判断する?! | トップページ | 桜満開 »

目じりの小じわ

35歳を過ぎた頃です。寝る前に鏡を見て目じりの小じわに愕然!いつの間に!?

あわてて、手元にあった化粧水と乳液をバシャバシャかけました。それでも、小じわは依然として消えません。翌日の会社帰りには、高価なアイクリームやらパックやらを買い込みました。少し異常なくらい小じわを取ることに必死でした。

なぜあそこまで必死だったのか…?今考えると歳を取ること、衰えることを受け入れられなかったんだと思います。自分はまだ若いと思っていたのです。でも、間違いなく中年といわれる年齢だし、それなりの衰えは現れるのです。それを受け入れることが怖かったんだと思います。

そんなある日、私はいつものように地下鉄の窓に映る自分の顔のたるみにがっかりしながら通勤していました。すると、青山一丁目の駅から、紺と白のスポーツウェアに身を包み、テニスラケットを抱えた一人の女性が乗ってきました。通勤時間帯にそのいでたちは大変目を引くのですが、それ以上に彼女の顔に惹かれました。

その方はおそらく年齢は50代だと思います。テニス焼けと思われる小麦色の肌。その肌には、しみやしわが隠すことなく現れていました。しかし、それがとてもきれいだと思ったのです。生活や人生を楽しんでいて、肌に現れる送ってきた人生の証を誇りにしているのではないかとすら感じました。そのすべてを受け入れ、認めている潔さを美しいと思いました。

そんな姿を見て、自分のあまりにも近視眼的な考えにとても恥ずかしくなりました。それから私は、自分のしわを隠さないようにしました。そしてしわが増えるからと、笑うこともできるだけ控えていましたが、そんなくだらないことで人生をつまらなくすることもやめました。自分に自信を持てる生き方をすれば、彼女のように美しくなれる気がします。

でも、紫外線による日焼けは発ガンの原因ともされているので、日焼けだけは注意した方がいいかもしれません。

|

« ヒトは見た目で判断する?! | トップページ | 桜満開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目じりの小じわ:

» 上手にしゃべるコツについて [結婚相談所から結婚式へ]
ラジオのパーソナリティである高嶋 秀武さんは話のおもしろい人、つまらない人の中でこのように話しています。   特に流暢にしゃべるわけでもなく、おもしろいネタがあるわけでもないのに、なぜか話していて楽しい人だと思われる、そういう人たちには上手にしゃべるコツの共通点がります。... [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 14時50分

« ヒトは見た目で判断する?! | トップページ | 桜満開 »